「看取り」

終活

看取りとは

もともとは介護をするうえでの世話・看病など、

患者を介護する行為を指す言葉でしたが、最近ではその定義が変わりつつあり、

無理な延命治療などは行わず、自然に亡くなるまでの過程を見守ることを「看取りと呼ぶようになってきています。

残された時間を充実させたい」「人間の尊厳を保ちたい」といった考えを持つ人が増え、

その考えが重要視され始めたことが背景にあります。

死を避けられない状態にある人に対しての介護を看取り介護」と言いますが、

医療行為を伴う「ターミナルケアや、

必ずしも死が差し迫っている中で行われるものではない「緩和ケア」という言葉と混同されやすいので、

この点を分けて認識することも大切です

看取り介護とは・・・死を避けられない状態にある人に対しての介護

ターミナルケアとは・・・終末期における医療的、介護的ケア

緩和ケアとは・・・身体や気持ちの辛さを和らげることを目的とした医療やケア

看取りは人生の最期に寄り添うことで、安らかに穏やかに過ごして頂きたいですね。

最近の看取り情報です。

・自宅での最期を支える「看取り士」、コロナ禍で悔やまぬよう「抱きしめてありがとうと旅立ちを」

・2000人を看取った医師が「終末期の患者は自宅に帰る方がいい」と断言する理由

・<特報>「看取り」の在り方、続く模索 コロナ禍で「自宅」希望増加も

・その人らしい死に導く寄り添い人「看取りのドゥーラ」の役割とは?

Copied title and URL