「高齢者の転倒リスクについて」

未分類

高齢者の転倒

高齢者にとって転倒は、

骨折や頭部打撲などの大きなケガにつながりやすく、

寝たきりや死にも直結する深刻なリスクとなり得ます。

仮に深刻なケガにつながらなかったとしても、

歩くことが怖くなったり、自信を失うことで歩く量が減り、

要介護状態になるリスクが上がることもあります。

「最後まで自分の足で歩きたい」と考える人は多く、

自身の健康状態が病院選びや施設選びに大きく影響しますので、

高齢者の転倒事故予防のために、すぐにできる転倒予防法を紹介

濡れた床や、シャンプーや石鹸の泡で滑りやすく、高齢者でなくとも事故が起きやすい

浴室・脱衣所。滑りやすさだけでなく、ヒートショックによるめまいなども注意すべきです。

ご家族が同居している場合、1人で入浴するときは家族へ声をかけたり、

入浴時間が長い時は様子を確認したりするようにしましょう。

ベッド・布団

ベッドガードを設置することで、寝返りによるベッドからの転落を防ぐことができます。

また、商品によっては手すりも兼ねているものもあり、転落防止だけでなく、より安全に立ち上がるための手すりとしても役立ちます。

何かにつかまって立ち上がったりすることで楽に動けるのでよいですよね。

手すりの設置

手すりを設置することで、靴の脱ぎ履きや段差を乗り越える際の支えとすることができます。壁に取り付けるタイプのほか、置くだけで手すりになる工事不要のタイプもあり、今は手すりも進化していて

ご自身で動きたい方には一つの手段として良いと思います

高齢者の転倒事故予防のために、すぐにできる転倒予防法を紹介

https://www.sompocare.com/contents/healthy/fall-prevention/