「介護離職」

未分類

今回は介護離職についてです。

厚生労働省の調査によれば、介護離職は2010年から増加傾向にあり、

2020年に「介護・看護」を離職理由に挙げた人は約7万1千人いるという結果が出ています。

また、その7万1千人のうち、

その約5万3千人(75%近く)を女性が占めているという現状も明らかになり、

「介護は女性」という固定観念も同時に問題視されています。

介護離職は、もちろんそれ自体が間違った選択というわけではなく、

介護に集中しやすい環境が整ったり、介護の費用軽減が期待できる一方で、

離職による収入の低下や再就職の問題

また、生活が介護一色になることに対する精神的なストレスなど、

人生を大きく左右する深刻な社会問題として認識されています。

最近ではこんな事も