「遺贈とは、法定相続人ではない人に遺産を贈ることをいいます。」

未分類
  • 「お金持ちしかできないのでは?」
  • 「高額でないといけないのでは?」
  • 「そもそもどうやって行うの?」

など、関心はあるのだけどどうしていいか、わからないこと多いですよね
このブログでは そんな悩みを解決していきます。

遺贈寄付とは、

遺贈寄付とは、社会貢献などを目的とし、

亡くなられた方の遺産の一部、または全部を、

社会貢献などの目的でNPOや大学などに遺贈することです。

「遺贈」「相続」とは、どのような違いが?
 

遺贈と相続の違いは誰に遺産を贈るかということ

相続とは、亡くなった人の財産を家族や親族に引き継ぐことです。
 
ここでいう家族や親族とは、民法で定められた法定相続人をいいます。

主に親、子、配偶者、兄弟姉妹です。
 
遺贈とは、遺言による贈与のことをいいます。

「遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる」

民法964条

と定められています。

遺贈には細かいルールがあります

遺贈は贈与の一種ですが、「遺留分を侵害することはできない」などの
小難しいルールがあります

遺贈寄付についても認知拡大や関心の高まりが進んでいます

遺贈寄付についても認知拡大や関心の高まりが進んでおり、

70代では8割以上がその存在を認知しているという報告があるそうです。

遺贈寄付を行うには

遺贈寄付を行う順序は次のようになります。一番重要なのは「1.終活で自分の希望を整理する」ことです。

  1. 終活で自分の希望を整理する
  2. 専門家と相談
  3. 遺贈寄付する団体を検討
  4. 遺言書の作成、
  5. 遺言の執行
ポイント
信頼のあるコンシェルジュと一緒に整理するのをお勧めします。

コンシェルジュをどこに頼んでいいかわからない。
たのしく一緒に整理してほしい。
こんな方は次を”おすすめ”

”おすすめ”